【安い】takagiタカギ浄水器カートリッジの代用交換互換製の方法

LIFESTYLE
この記事は約20分で読めます。

どうも。「コスパ」を突き詰めている家事育児おっさんです。
固定費を削減して脱サラすることを夢見ています。

タカギの蛇口一体型の浄水器は、めっちゃ便利なんだけど、カートリッジがちょっと高いのと自動更新しかないというのが残念。

ネット上に出回っている安い他社製品を使った裏技と、純正品との違いをまとめました。

私は5年くらいに人のブログやAmazonコメントを見て、リクシル代用を使ってます。
今のところ大丈夫ですが、やるなら自己責任です!

【おまけ】最下部に「浄水器の蛇口の中がゲロゲロ汚かった」もあるよ。

【安い】takagiタカギ浄水器カートリッジの代用交換互換製の方法

【カートリッジ比較】純正タカギ、代用LIXIL、代用グレイス

まず、カートリッジについて純正品と代用品を比べてみました。
それぞれの特徴はこんな感じです。

純正タカギは、値段高い、寿命長い、流量多い、浄水素材は色々ある。
LIXIL(INAX)は、値段普通、寿命普通、流量普通、浄水素材はまぁ良さそう。
グレイスランドは、値段安い、寿命短い、流量少い、浄水素材はシンプル。

水量は寿命が来るまでの水の量です。流用は水の勢いです。
浄水1㍑にかかる金額も出してみました。赤字の部分です。

製品除去
物質
販売販売
本数
1本
単価
水量
寿命
毎分
流量
1
単価
    ろ過材   
①タカギ4定期便1本¥3,5201,200㍑4.0¥2.93不織布、活性炭
イオン交換体
②タカギ12定期便1本¥4,0701,200㍑3.0¥3.39不織布、活性炭
イオン交換体
③タカギ13+2定期便1本¥4,7301,200㍑2.5㍑¥3.94不織布、活性炭
イオン交換体
ポリスルホン
④LIXIL5¥7,8803本¥2,6261,200㍑2.5㍑¥2.19不織布、活性炭
セラミック
⑤LIXIL5
高塩素
¥9,5003本¥3,1671,200㍑2.5㍑¥2.64不織布、活性炭
セラミック
⑥LIXIL12+2
高塩素
¥9,8803本¥3,2939001.5¥3.66不織布、活性炭
セラミック
⑦グレイス¥7,2653本¥2,4221,200㍑1.0¥2.02不織布、活性炭
2020/8/23更新。LIXILがAmazonで安くなってきました。
ろ過材        ざっくり説明         
不織布繊維を織ってないただの布。鉄さびなどの大サイズのゴミをとる。
活性炭0.1ミクロン単位の穴で中サイズの塩素、鉛、濁り、匂いなどをとる。寿命は長い。
イオン交換体中性塩の分解・脱塩と、特定イオン基の回収・除去と書かれている。イオン交換の範囲が満タンになると効果は終了。細菌の除去はできない。
ポリスルホン濁り除去と書いてある。人工透析のフィルターに使うらしい。中空糸膜はサビやカビの除去が得意。
セラミックフィルター内の細菌が繁殖がしにくいと書いてある。タカギにもついているらしい。

では、個人的なおすすめ考察です。

①②③性能で選ぶなら当然に純正のタカギ!

一応言っときますと、①②③純正品のタカギは最も性能が良いです。寿命(水量)が多めだし、出てくる水の流量も多いです。使い勝手が良い。

また、比較表「③タカギ」のポリスルンは人工透析にも使われる材料なので、おそらく性能が最も良いと思います。
➡性能重視の方は当然に純正品を買ったほうが良いです!
安く買うにはメルカリとかに出ていますが、開封されてたりして何か嫌ですね~。

タカギの自動更新はユーザーとしては嫌ですが、こういう定期購入(サブスク)のビジネスを持っていることは、企業利益の観点からは優良ですね。一旦契約するとなかなか解約する人は少ないと思います。

スポンサーリンク

④⑤⑥コスパはLIXIL+チューブで代用!

LIXILは有名メーカーの安心感、寿命水量も基本はタカギと同じ1200㍑あるし、流量も2.5㍑でまぁまぁ、フィルター性能もセラミックで良さそう、かつ3本セットで買えば安い!ということで
➡コスパ重視ならLIXILで代用かなと思います。

そのLIXILを比較すると以下です。

LIXIL除去物質3本価格1本単価使用水量1㍑価格1分の流量
④白のJF-20-T¥7,880¥2,6261,200㍑¥2.192.5㍑
⑤青のJF-21-T
高塩素
¥9,500¥3,1671,200㍑¥2.642.5㍑
⑥紫のJF-22×312+2
高塩素
¥9,880¥3,293900㍑¥3.661.5㍑
※全てAmazonで3本セットを買った場合の単価です。

個人的には水の流量が少ないのは、凄く嫌だったので④か⑤です。
詳細は以下です。

④白いLIXIL(JF-20-T)は安い【¥2,626】★★★

白はLIXILの中で最も安いやつです。流量が2.5㍑ある、フィルターも高除去ではないですがセラミックです。
色々な物質を除去できたほうが良いというのもあるけど、水以前の話で、私はカップラーメンとかコンビニ弁当とかスナックとか普通に食べてるので、そこまでこだわらないで良いかなとw。

⑤青いLIXIL(JF-21-T)は高塩素除去【¥3,167】★★★

私が買うのは青です。理由は、最優先でカルキ(次亜塩素酸カルシウム)の除去をしたいからです。水が不味くなるし、個人的にカルキが最も毒そうだなと思っているのと、熱帯魚を飼っているからです。
だから「高塩素除去」が付いているこれ。
水流も2.5㍑で多い。コストパフォーマンスで私はこれ!

⑥紫のLIXILは除去物質が多いけどコスパ悪い【¥3,293】

紫は、除去物質が③タカギの最上級品にせまるのですが、使用できる水量が900Lと少ないです。ただし1㍑の値段でみるとタカギよりは少し安いです。
③タカギ:1200㍑で4730円、1㍑あたり3.94円。
⑥この紫:900㍑で3293円、1㍑あたり3.66円と高い。

私は今までこれを使っていたのですが、ちょっと流量が少ないのが気になりました。2リットルの麦茶を作る時に、待ち時間に少しイラっとすることが。

食材通信宅配

⑦安さ優先ならノーブランド(グレイスランド)!

⑦グレイスランドは最も安い!【¥2,422】

タカギのJA/JG/JY (ただしJA4/JY2は除く)にだけ代用できるらしいです。詳しくは公式サイトを確認してください。
確かに安いのですが、水流が毎分1㍑と少ないのは気になります。実際の水の出方は、使っている水道の水圧によりますが、比較した中では最も少ないです。

そして、ろ過材が一般的な布と炭だけなので、ただ安いだけという印象になってしまうかなと。
でも、高いイオン交換体は寿命が短く、水道水って元から塩素で殺菌されているのでセラミックの抗菌性もいらないんじゃね?というのもあります。
ユーザーとしては、このような安価な互換製品を応援しています。掃除機のフィルターとかと同じです。

スポンサーリンク

【超簡単】LIXIL+シリコンチューブの裏技

まず、準備のために浄水器一体型の内部を説明します。
水道水が来ると、普通は青い流れのように水はそのまま外に出ます。
スイッチを押すと、内部の蓋が閉じられて、水道水は浄水カートリッジを通るようになります。そして浄水となって外にでるのです。

純正品はピッタシのサイズ

この純正品のカートリッジがとても高いのです。
そこで、安いLIXILのカートリッジを使おうという話です。ただし、LIXILは純正品よりも短いし、差し込み口の形が違います。

LIXILのカートリッジは小さい

その隙間をシリコンチューブで接続してしまえば、社外のカートリッジでも使えてしまうというのが裏技なのです。考えた人はすごい!

私は、この方法でもう4年くらいやってるけど全く問題はなしです。
ちなみに我が家のタカギは「みず工房エコモデル」で型番はJX100MNでした。

スポンサーリンク

チューブ式の作り方は超簡単です。
①下で紹介する医療用シリコンチューブを買って
②包丁で4.5cmくらいに切って
③LIXILカートリッジにさす
④蛇口側にもさす。以上

チューブを4.5cmくらいに切る
切り口はだいたいでOKです
蛇口の中を見ると、少し斜めに切るとピッタシはまる。
スポンサーリンク

買うチューブは以下です。
内径が10mmで外形が16mmというのが条件です!

必要な長さは4.5cmだけど、短いのは売ってません。
10cmくらいで705円か710円です。

この裏技は、蛇口の差込口が16mmでないモデルでも可能です。ようは、差込口側と使いたいカートリッジ側の直径さえわかれば、それに合ったシリコンチューブを作るれば良いのです。純正品のカートリッジよりも代用品のサイズが小さいことが前提です。

スポンサーリンク

【番外編】交換不要の水環境電池 Hybrid浄水カートリッジ 

交換不要のカートリッジという面白い商品がありました。
原理は、水が異なる金属の間を通過する際に、金属イオンや活性酸素が出ることで殺菌効果があるはずだ。量の多い少ないはあるけども。という感じです。
タカギでいうイオン交換体部分と同じかな?

実際に金属イオンには殺菌効果があり、例えば吸血鬼は銀に弱いとか、10円硬貨を流しの中に入れとくとカビないという話があります。
不織布や炭のようなフィルターではないので、粒子を取り除く効果はないはずです。

しかし、夢はあります。もし本当に井戸水を飲めるくらいにできる殺菌効果があるのであれば、WHOなどが採用して世界の水質汚染の現場に実装すれば良いのです。なんたって交換不要の持続可能な浄水器なのです。世界では水質汚染によって毎年28万人の子供が死んでいるらしいです。

ちなみに、作っているのは岐阜県にある株式会社水環境電池です。おそらく、早川さん一族がやっている水生活製作所(1954年設立、社員166人)の子会社かな。たぶん。この建物の近くに水環境電池社の住所がありました。

【番外編】カートリッジを煮沸リサイクルしてみた

タカギの公式サイトを見ていたら、以下の書き込みがあった。

ってことは、逆に煮沸したら除去した不純物がとれて再利用できるのでは?
って思って煮沸してみた。カルキは5分くらいで抜けるって噂なので7分煮てみたら

ぎゃああああ!なんか白いゴミが出てきた!!!
たぶん、これがゴミとかカルキかな。取れた感じはするけど。
う~ん。リサイクルはやめておこう。なんかキモイし!

ただし、たぶん復活させる技があるはずです。例えば、お酢(酸)を使って炭に付いたゴミを中和するとか、塩(NaCl)でイオン交換体を復活させるとか。なんかあるはず。

スポンサーリンク

ちなにみ、いわゆる塩素と言っているカルキ(次亜塩素酸カルシウム)は、プールの消毒の匂いのやつです。水の味が悪くなります。
また強い殺菌力があるので、色々な菌と共存している人体に悪いはずです。
カルキはビタミンCと化学反応を起こして中和してしまうので、お米の水やスープに直接に使うと栄養が減ってしまうらしいです。

水槽のろ過装置にたまるカルシウム

【要注意!】浄水器の蛇口を分解して洗ってないでしょ!

カートリッジを交換するために数か月ぶりに蛇口を取り外したら、なんか汚かったので開けてみたら。おえ~~!

いくらカートリッジを新品に交換しても、蛇口が汚かったら気持ち悪いですね。
直接に水が通る場所ではないけど、たとえるならば「腸内洗浄はしたけど、おしりを拭いてない人」みたいなもんだからね^^;。

包丁で簡単に開けられるので綺麗にしました。

スポンサーリンク

周りの銀色の部分を外すのは、蛇口ごと熱湯にいれるとプラスティックが膨張して外れます。しかし、壊れるかもしれないの真似しないでください。


タカギの「浄水器一体型+ホース伸びる+シャワー蛇口」は、めっちゃイイです!
お皿洗いとかシンクの掃除の時に凄く便利です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました