世界一周トラリピ【AUD/JPY】2022年の予測見通しと設定

トラリピ
この記事は約7分で読めます。
トライオートFX

トラリピで複数通貨ペアを運用をしているリリー(Twitter@父リリー)です。
トラリピは設定するだけなので、FXで7年負け続けた私でも利益が出せました!

【AUD/JPY】の2022年以降の相場見通しとトラリピ設定について考察しました。
ちなみに、2021年はこのペア単独で23万円の利益確定がありました。

世界一周トラリピ【AUD/JPY】2022年の予測見通しと設定

そもそも『トラリピ』って何?という方は公式のYouTubeをご覧ください。

リリーの『世界一周トラリピ』とは?

世界をグルっと一周するように通貨ペアを選んでいるだけです^^。

具体的には、日本から見てAUD/JPY➡AUD/NZD➡NZD/USD➡GBP/USD➡EUR/GBP➡EUR/JPYという感じです。 なお、GBP/USDは手動です。 CAD/JPYは設定から外れて停止中(トライオートで運用)。

これが西欧中心のスタンダードな世界地図です。日本は極東にある日出国。

アジアオセアニア、北米、欧州という主要なマーケットの通貨ペアに分散投資をすることで、地政的にも時間帯的にもリスクを分散させています。
軍事的には、Five Eyes連合国、EU、日本のミックスになります。
※本当にリスクが分散されているのか確証はありません!^^;

実績。トラリピ【AUD/JPY】2021年の設定と結果

2021年は、80円を中央値にしたハーフ&ハーフの設定でした。
70円~80円は買いで、1000通貨を10銭毎に100本。
80円~90円は売りで、1000通貨を10銭毎に100本。

➡結果は23万円の利益確定!オレンジの棒です。 累計損益に大きく貢献してくました!
稼ぎ頭ランキングで言うと2位です。 1位はNZD/USD。

分析。トラリピ【AUD/JPY】2022年の予測見通し

さて、本題です。来年以降の相場を予想してみます。

① 【AUD/JPY】 のチャート分析

下の画像は月足です。ピンクの線を見てください。2008年リーマンショックの円高以降は、60円~100円という大きな親レンジの中に、70円~90円の子レンジが含まれている感じです。

リーマンやコロナショックがあると急激に60円付近まで落ちるます。
しかし、直ぐに切り替えして中央の子レンジでモミモミしします。
ザックリ言うと、緑色のジグザグ線のようなパターンが続きそうです。

トレーディングビュー(無料版もあり)

また、薄い灰色のボリンジャーバンドが、上に広がりつつ子レンジの中に入って来ています。

 ➡結論。2024年までは現在の70円~90円の子レンジが続くのではないか!?と予測 
2022年後半に90円に向かうも、2023年は下落し、2024年に上昇して、2025年にレンジを抜けて100円を目指しそう。
オレンジの100カ月移動平均線が85円にいるように、どちらかと言えば上昇傾向です。

② 【AUD/JPY】 のファンダメンタル

オージーはかつて高金利通貨でした。また、2019年までは1.5%の金利があったため、どちらかと言えばオージー買い円売りの円キャリートレードが主流だったと思います。
何かリスクオフの局面になると、急激に円高へ下落して戻っていくというパターンがあります。

[シドニー11月16日 ロイター] – オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)は16日、11月理事会議事要旨を公表し、賃金の伸びやインフレ率が抑制される見通しを踏まえ、2024年まで利上げは必要ないとの見解を改めて示した。

https://jp.reuters.com/article/australia-reserve-bank-idJPKBN2I106F

しかし、現在のオーストラリア準備銀行は、2024年頃まで0.1%の低金利政策を継続する見通しです。米国が利上げするまでは現状維持です。実質インフレ率が2~3%になるまでは利上げをしないと言っています。
日本は利上げできる日が来るかも不明です。そのため、両国の金利差は変化が無い状態が続き、相場も中央付近をうろつきそうです。

マネースクエア

今のジワジワ円安が続きつつも、2022年にアメリカのテーパリングや利上げが開始されると、AUD/USDがオージ売りドル買いになります。その影響でAUD/JPYはオージー安円高で下落します。

さらに世界が金融引き締めに動きだすと、米国株に大きな調整が入ったり、新興国からも資金が撤退します。そのようなリスクオフの局面では、急激な円高で75円割れとなると思います。2023年かもしれません。

➡そんなこんなで、2024年になるとオージーの利上げ観測で、AUD/JPYは上昇路線に入っていくのではないかと予想します。これはチャート分析の緑線にマッチした動きです。

結論。トラリピ【AUD/JPY】2022年の設定

結論としては、2022年も今の設定をキープしてみます。
具体的には、80円を中央値としたハーフ&ハーフ戦略です。
2022年も70円~90円の中にいるだろう!ということにお金を賭けます。

【買いゾーン】
親レンジの60円~70円は、落ちて来なそうなので設定しないでおく。 
子レンジ上側70円~80円に、1000通貨を10銭毎に100本。

【売りゾーン】
子レンジ上側80円~90円は売りで、1000通貨を10銭毎に100本。
親レンジの90円~100円は、上がって来なそうなので設定しないでおく

以下は日足です。

トレーディングビュー(無料版もあり)

この設定の損益のイメージをザックリ説明すると

予測通りに70円~90円のレンジ中で動き続ければ、コツコツと利益が増えるのじゃ。おそらく、1年に20~30万円くらいの利益確定がありそうじゃ。
レンジの中ならば動けば動くほどに利益が出やすいのじゃ。

相場が「急激に」60円とか100円に進むと、一気に大量の含み損をかかえるんじゃ。例えば、戦争、オイルショック、中国や米国株の暴落などじゃ。
もし、証拠金が少なければロスカットになって大損が確定してしまうぞい。

では、この設定を回すのには、どのくらいの資金が必要なのか?

これは、トラップの設定と「必要資金」の比較です。
「必要資金」とは、相場が一方向に一気に走り続けて全ての注文が成立し、リスクが最大となった想定の金額です。最悪の事態に必要な資金です。

私の設定では77万円~85万円(約80万円)が必要資金です。
下の画像は、私の【売り設定】を必要資金855,000円だけで運用した場合のリスクを試算してみました。レバレッジは10倍です。まぁ結構なリスクを取っているということです。

もし、相場が一気にレンジ外に走ってしまうと、90円になったところでロスカットが発生して49万円くらいを失ってしまいます。このままでは、人におすすめできる設定ではありませんね(笑

ただし、私は口座全体でレバレッジ5倍くらいなるように調整をしています。
また、AUD/JPYは60円~100円が親レンジなので、もし今の設定からはみ出してしまった場合は、資金を追加して親レンジも稼働させます。
つまり、本国に援軍にだせる正規兵が控えているので、こちらは少な目の兵数で戦っているだけなのです

余剰資金が無い状態で真似すると一撃死する可能性がありますので、絶対にやってはいけません!

ちなみに、トラップの値幅を倍(=トラップの本数を半分)にすれば必要資金は40万円になります。
その分、利益も損失も50%になります。
20万円プランなら利益もリスクも25%です。
自分の総兵力に合わせて、設定を変更して運用するのが正しいです。

最後に一言。
投資は自己責任。

タイトルとURLをコピーしました